ゲームと歩む日々

現在アズールレーンをメインに書いているブログです。

水分補給に適した飲み物について調べてみた

どうも、蒼鷹です。

7月に入り暑い日が続いていますが、皆さんは熱中症などにならないよう気を付けていますか?

私は熱中症にならないよう水分を毎日摂っているのですが、つい最近、2、3週間風邪で体調を壊していたせいもあってか、水分をかなり摂っているような気がして…。

それで、ちょっと不安になったので、自分が行っている水分補給は正しいのかどうかちょっと調べてみました。 

 

 

 

 

私が今までしてきた水分補給

まず最初に、私がどのような水分補給を行ってきたかについて書きます。

基本的には、水とスポーツドリンク、あとたまに普通のジュースなどで水分補給していました。水は基本的に水道水の水を飲んでいるのですが、毎日飲んでいると水道水の味が嫌になり、そういう時にスポーツドリンク、もしくは、ジュースをがぶ飲みしていました。

 

水分補給に適している飲み物とは?

今の夏という暑い時期、水分補給として適している飲み物とは何か、ちょっと調べてまとめてみました。

 

(水道水、ミネラルウォーター等)

水分補給としてもっとも優れている飲み物が水です。

水には糖分、塩分、カフェインなどが一切含まれていないため、他の飲み物に比べれば過剰摂取してもそこまで身体に影響は及ぼしません。なので、水分補給として日々飲むものとしては水が一番適していると言えます。

ただ、塩分が入っていない分、運動後に飲むものとしてはあまり適さないため注意が必要でもあります。

 

ジュース

ジュース類の多くには糖分が含まれており、日々飲み続ける事により過剰摂取してしまうと、「ペットボトル症候群」といわれる急性の糖尿病になる可能性が高くなります。

糖分を多く含んだジュースを飲み続ける事で高血糖になり、喉の渇きを感じて再びジュースを飲むも更に高血糖に…と悪循環を繰り返し、倦怠感や体重の減少、場合によっては嘔吐、意識混濁などを引き起こすと言われています。

よって、ジュースを水分補給として摂取するのは身体にとって悪いため、ジュースは嗜好品として楽しむ程度に留めておくほうが最善です。

 

スポーツドリンク

スポーツドリンクとはいえ、こちらにも糖分は多く含まています。なので、ジュース同様飲み続けてしまうと、ペットボトル症候群に陥り急性の糖尿病になる可能性が高いです。

ただ、運動や入浴等で汗をかいた場合は塩分が失わているので、適度な塩分が含まれているスポーツドリンクはこういう時には適した飲み物と言えます。

なので、スポーツドリンクは大量の発汗を伴うような運動をした時に飲むのが最適と言えます。

 

まとめ

・水分補給として優れているのは水。

・ジュース、スポーツドリンクを過剰摂取するとペットボトル症候群に陥り、急性の糖尿病になる可能性がある。

・スポーツドリンクは運動や入浴等の大量に発汗する時の飲むのが最適。

 

私が水分補給として飲んでいた水、ジュース、スポーツドリンクについて調べてみましたが、私が行ってきた水分補給はかなり間違っていたことが分かりました。(汗)

ジュースはともかく、スポーツドリンクは運動時でないと飲むべきものではないというのはちょっとショックでした。今まで散々水の代わりみたいな感じで飲んできましたからね…。

 

今回、水分補給についてやっとまともな知識を得られたので、これからは市販されている糖の入った飲み物を頻繁に飲むことを抑え、その時の状態にあったものを飲んで病気にならないよう努めたいと思います。

スポンサーリンク