ゲームと歩む日々

現在アズールレーンをメインに書いているブログです。

【アズールレーン】紅染の来訪者D1『紅染の参道』攻略まとめ

秋イベント『紅染の来訪者』のD1『紅染の参道』を攻略し終わったので、D1についてまとめた事を紹介します。

ただし、『手動前提』で戦闘を行っているため、そこだけご注意ください。

 

 

 

 

D1マップ内容

f:id:aotaka88:20171101161947p:plain

f:id:aotaka88:20171101162009p:plain

B1と同じマップのため、スタート地点は左端からになり、第一艦隊と第二艦隊は、真ん中にある障害物のせいで分断させられています。

 

f:id:aotaka88:20171101162037p:plain

敵のレベルは、道中でLv70、ボスがLv72です。

敵艦隊の合計数は、道中は増援含めて9部隊、ボス1部隊の合計10部隊になり、B1と比較すると1部隊増加しています。

ボスを出現させるには、道中5部隊を撃破する必要があります。

ボスの出現場所は、B1と同様、右端に出現します。

 

編成・装備の内容

ハードのため、艦種とステータスに制限があります。

ただし、アズールレーン公式ツイッターのツイートから、前衛・主力艦隊の1枠目に指定された艦種を配置すれば、他の制限枠に艦を入れなくてもいいとの事なので、それを踏まえた上で編成しています。

 

f:id:aotaka88:20171101162232p:plain

 

第一艦隊

f:id:aotaka88:20171101162308p:plain 

f:id:aotaka88:20171101162357p:plain f:id:aotaka88:20171101162414p:plain

f:id:aotaka88:20171101162441p:plain f:id:aotaka88:20171101162459p:plain

ボス戦用+道中1戦。

制限枠は、主力艦隊が『空母』『戦艦』、前衛艦隊が『重巡』『駆逐』。

D1から艦種制限が変わったため、こちらの編成もそれなりに変更しました。

 

D1からは油断しないようにと思い、『空母枠』と『自由枠』に『赤城』『加賀』、『駆逐枠』に駆逐で一番レベルが高い『綾波』

『自由枠』には、安定の『クリーブランド』を配置しました。

 

第二艦隊

f:id:aotaka88:20171101162550p:plain

f:id:aotaka88:20171101162609p:plain f:id:aotaka88:20171101162627p:plain

f:id:aotaka88:20171101162654p:plain f:id:aotaka88:20171101162713p:plain

道中戦用。

制限枠は、主力艦隊が『空母』『戦艦』、前衛艦隊が『重巡』『軽巡』。

主力艦隊は、C3攻略時と同様、『サウスダコタ』『ユニコーン』のまま。

最初は、空母枠に『エンタープライズ』を入れようかと思いましたが、他の空母に強い艦載機を全て載せてしまい、エンタープライズに載せれる強い艦載機がなかったため、戦艦枠で『サウスダコタ』を引き続き配置しました。

 

前衛艦隊は、艦種制限が『重巡』『軽巡』の2通りですが、重巡より軽巡の方がレベルが上、使いやすいという事から『軽巡枠』で『ヘレナ』を配置しました。残りの『自由枠』には、回避特化で優秀な駆逐『シグニット改』を配置。

 

D1攻略時内容

基本的に道中戦は、1軍メンバーを編成したかつ、手動という事もあり、第一艦隊、第二艦隊共に『単縦陣』で安定して戦えました。

ボス戦は、ボスのノワキのみ。

ボスのノワキに行くまでに、

 

f:id:aotaka88:20171101163122p:plain

キリシマ、フルタカ

 

f:id:aotaka88:20171101163159p:plain

ナガラ

 

f:id:aotaka88:20171101163229p:plain

ユウダチ、アヤナミ

 

f:id:aotaka88:20171101163252p:plain

ハマカゼ、ソウリュウ

と、量産型ではない敵艦達が次々と現れます。

主力艦隊の砲撃や艦載機攻撃をボス戦まで取っておこうとすると、余計に被弾しダメージが加算される可能性が高いので、さくっと倒すために主力艦隊での攻撃を使用して良いと思います。

 

ボスのノワキ戦では、速度の速い魚雷を主体に攻撃してきます。

筆者は、『単縦陣』『複縦陣』の両方をボス戦で試しましたが、

 

『単縦陣』:魚雷に当たった時がかなり痛い。

      ボスを撃破するも、駆逐の残り耐久2割程。

『複縦陣』:時間は多少かかるも、戦闘自体は結構安定。

      前衛2隻7割くらいの耐久残しでボス撃破。

 

こんな感じでした。

個人的には『複縦陣』を推しますが、魚雷は全部避けれますといった方は『単縦陣』で良いと思いますし、各々やりやすい陣形があると思います。なので、実際に試してみるのが一番良いと思います。

4回ボスを撃破すればステージクリアです。 

 

ボス勝利時の絵馬数

f:id:aotaka88:20171101163428p:plain

D1ボス勝利の絵馬数は120でした。

D1にきて、初めて絵馬数が3桁になったので、D2、D3の絵馬数はもっと増加しそうですね。

 

最後に

ハードモードの後半戦という事で、1軍のLv100艦を複数投入した事もあり、D1は比較的楽に攻略できたと思います。

しかし、やはり一艦隊で燃料消費40超えは重いですね。

いずれはD3で瑞鶴・暁狙いの周回をしようとは思っていますが、その頃には燃料があっという間になくなりそうで怖い…。

 

スポンサーリンク