ゲームと歩む日々

現在アズールレーンをメインに書いているブログです。

【アズールレーン】特別計画艦『ローン』経験値蓄積の為に8-4オート周回

特別計画艦2隻目の『サン・ルイ』経験値蓄積の為に8-4周回し続け、

 

f:id:aotaka88:20180512162529j:plain f:id:aotaka88:20180512162533j:plain

経験値累計300万貯め終わり、『サン・ルイ』を無事入手しました。

 

これで特別計画艦の2隻目が終わり、3隻目に移りましたが、

 

・次回の小型海域イベントの敵艦レベルはそこまで高くないという話

・月末の大規模イベントまで約2週間はある

 

という事を踏まえ、

経験値貯めが一番面倒そうな『ローン』を今の内にしようと思い、『ローン』を選択。

 

という事で今回は、

筆者が『ローン』の経験値蓄積の為に行った、8-4周回内容について紹介します。

 

ただし、こちらで紹介する攻略内容は、

・『海域危険度』を下げ、『安全海域』にしてある状態

・メンタルユニットでレベル上限を上げてある編成での攻略

・編成内容が最適なものであるとは限らない

・経験値・燃費等の効率が良いとは限らない

このような内容となっているので、そこだけご注意ください。

 

 

84を選択した理由

『ローン』の戦術データ収集の条件が、

『鉄血所属巡洋艦の累計経験値を100万、200万蓄積させる』

といった内容なのですが、

 

f:id:aotaka88:20180512161451j:plain

筆者の鉄血所属巡洋艦の育成状況は、

Lv100が1隻、Lv90が2隻、そしてスキルレベルも上がっていない状態だった為、

10章、11章等の後半海域に出せるレベルではありませんでした。

 

 

無凸Lv70の『ケーニヒスベルク』が1隻いたので、

それに『ライプツィヒ』、『ケルン』を加えて7-2周回するのも考えましたが、

 

・個人的に、1隻だけでも経験値を無駄にするのは好ましく思わない

・経験値を与えるならLv80、90以上の有用な艦船の方が良いと考えた

 

この2つの理由から、無凸艦を使用した7-2周回はなしにしました。

 

 

これにより、Lv80、90以上の艦船だけで周回できる海域を探し、

8章を8-1から周っていった結果、8-4が限界かなと感じたので、

周回場所を8-4にしました。

 

 

編成・装備等の内容

道中戦用(オート)

f:id:aotaka88:20180512175510j:plain

 

f:id:aotaka88:20180512175541j:plain

主力には、『ユニコーン』1隻のみ。

攻撃機には、前衛にMVPを取らせる為に、『バラクーダT2』の+6を装備させています。

 

 

f:id:aotaka88:20180512175613j:plain f:id:aotaka88:20180512175610j:plain

f:id:aotaka88:20180512175607j:plain

前衛には、『カールスルーエ改』、『ケーニヒスベルク』、『ライプツィヒ』の3隻。

 

『ケーニヒスベルク』は、

無凸Lv70の状態で低燃費周回用としていつか使うかなと思い、置いておいたのですが、

使う機会もなかった為、今回の周回の為に限界突破させています。

 

 

ボス戦用(オート)

f:id:aotaka88:20180512161742j:plain

 

f:id:aotaka88:20180512161801j:plain

主力は、自爆艇迎撃が優秀な『霧島』1隻のみ。

Lv89とまだレベルが低かった為、レベリングの為に置いています。

 

 

f:id:aotaka88:20180512161811j:plain f:id:aotaka88:20180512161808j:plain

f:id:aotaka88:20180512161804j:plain

前衛は、『プリンツ・オイゲン』、『シグニット改』、『シュペー』の3隻。

 

『シグニット改』は、

駆逐を抜いた3隻出撃時の待ち伏せ率が60%台とかなり低かった為、

待ち伏せ対策用の駆逐枠として入れています。

 

 

周回消費燃料

道中編成の1回の戦闘による燃料消費数は30

道中戦は30×4戦となるため、合計120

 

 

ボス編成の1回の戦闘による燃料消費数は44、入場料は10となりますので、

全てを合わせると、1周の合計燃料数は、174です。

 

 

ただし、待ち伏せに遭い回避できない事もあるため、

確実に1周の燃料消費を『174』で済ませられる保証はありません。

 

 

待ち伏せ艦隊での回避率

f:id:aotaka88:20180512175958j:plain

道中戦用艦隊の回避率は、『83%です。

 

 

f:id:aotaka88:20180512162033j:plain

ボス戦用艦隊の回避率は、84%』です。

 

 

84道中戦&ボス戦の安定度

道中戦

道中4戦でどれくらい安定するのか、SSを撮って検証してみました。

陣形は、全て『単縦陣』

 

 

f:id:aotaka88:20180512190009j:plain f:id:aotaka88:20180512190013j:plain

f:id:aotaka88:20180512190017j:plain f:id:aotaka88:20180512190020j:plain

MVPを前衛に譲るため、『ユニコーン』の攻撃機のランクを下げましたが、

それでも安定して道中戦を戦えました。

 

 

ただ、『ユニコーン』の攻撃機を『バラクーダT2』の+6にしても、

MVPを取ってしまう時があった為、

もう少し攻撃機のランクを下げた方が良いかどうか、悩ましい所です。

 

 

ちなみに、8-4周回の旗艦を『ユニコーン』ではなく、

 

f:id:aotaka88:20180512161548j:plain

この『明石』にして周回を試した時があったのですが、

 

 

f:id:aotaka88:20180512162212j:plain f:id:aotaka88:20180512162217j:plain

f:id:aotaka88:20180512162220j:plain f:id:aotaka88:20180512162223j:plain

『ユニコーン』と比べて道中戦の安定は厳しくなりました。

 

『明石』を最後まで限界突破している事で『緊急補修』を3回使えるため、

『緊急補修』の回復である程度のダメージはカバーできますが、

 

大型主力艦隊と連戦をする場合、運が悪いと前衛が自爆艇を何度もスルーしてしまい、

『明石』へのダメージが多く入る時がありました。

 

 

前衛のレベルを上げる、スキルレベルを上げる、『明石』のレベル上限開放する

等をすればもう少し安定して大型主力と連戦できるかなと思いますが、

 

旗艦を『ユニコーン』にしている方が安定するので、

『明石』のレベリングをしたい等の理由がない限りは、

『ユニコーン』旗艦で良いと思います。

 

 

ボス戦

ボス戦でどれくらい安定するのか、戦闘終了間際のSSを撮って検証してみました。

陣形は、『単縦陣』

 

 

f:id:aotaka88:20180512162345j:plain f:id:aotaka88:20180512162348j:plain

f:id:aotaka88:20180512162351j:plain f:id:aotaka88:20180512162354j:plain

一応、旗艦が戦闘不能にならず、ボスを倒す事はできますが、

『シュペー』が戦闘不能になり、それによってA勝利になる事が度々ありました。

 

 

 『複縦陣』も試してみましたが、

それでも『シュペー』は戦闘不能になりやすかった為、

やられる前にやれの精神で『単縦陣』にしています。

 

 

できるだけS勝利したいのですが、

レベル的に『シュペー』以外の選択肢がない為、『シュペー』を入れざるを得ない状況。

 

対策としては、レベルを上げるか、

『応急修理装置』、『バルジ』の強化数を上げるかくらいでしょうか。

 

 

最後に

『ローン』の為の8-4周回を始める前は、

鉄血所属の巡洋艦縛りで経験値稼ぐのは厳しいのではないか?と

結構不安に思っていましたが、道中戦はなんとかなっているので、少し安心しました。

 

ただ、ボス戦に配置している『シュペー』だけ戦闘不能になってしまうので、

現在は、寮舎に入れてレベル上げしています。

レベルが上がってボス戦が安定すればいいのですが…。

 

 

とりあえず、

次のイベントまで『ローン』入手に向けて周回をまったりやっていこうと思います。

では。